クリクラ 軟水と硬水

軟水と硬水の違い

クリクラ軟水と硬水の違い

 

クリクラはは軟水の硬度30の設定で非常に飲み易い水です。
では、硬水と軟水って一体なにが違うのでしょうか?詳しく見ていきます。

 

単純に硬水と軟水の違いを見極めるには、硬度になります。
硬度の測定の基準は水1リットルに対しカルシムやマグネシウムの含有量によって測定されますが、これはWHO(世界保健機関)が定めている国際的な基準になります。

 

基準値はと言うと、120mgになりそれより多ければ硬水、それより少なければ軟水というふうに分けられています。
※ただWHOの国際的な基準はあまり使用されていなく、一般的には硬度100mgを基準にしています。

 

ちなみに東京都の水道水は硬度60mg付近になり軟水になり、日本は全般的に軟水になります。
逆に硬水の地域はと言うと北米地域やヨーロッパは硬水が一般的になります。
もし、硬水を飲んでみたいという人はエビアンを飲んでみると良いでしょう。
エビアンは硬度304mgになりますので硬水に分類されます。

 

では、硬水と軟水では値の違いだけではなく、他に何が違うのでしょうか。

 

まず地域にの料理で比べてみると、硬水の地域で言えば、西欧では肉料理がメインになり、これはミネラルが不足しがちになることから、ミネラルの多い硬水は適していると言われています。

 

逆に日本の軟水は野菜、魚介類といった日本料理が代表的でミネラルが豊富に含まれている料理がメインになり、また日本食には軟水が適していると言われています。
それは、軟水は、鰹節などのうまみ成分を引出し香りも良くしくれる働きが有るとの事です。

 

また、便にも影響が有り、硬水にはマグネシウムは多く含まれています。
マグネシウムは下剤としての働きが有る為、便秘に期待できると言われています。
反面、お腹がゆるくなる可能性も秘めています。

 

その他にも、硬水の水にはミネラルが多く含まれているので、マグネシウムイオンやカルシムイオンの影響も有り髪や肌には、あまり適していなく軟水はその反対に優しいと言われています。

 

そして肝心の味については?

 

硬水の場合はそのミネラルの影響ではっきりとした味わいを感じられるます。
軟水の場合は爽やかなで口当たりが柔らかく優しい味がします。

 

このように単純に水とはいえ、硬水と軟水には様々な違いがあり用途に合わせ使い分けをすると良いでしょう。
一般的に日本の場合はやはり日ごろから軟水を利用していますので、違和感なく利用するのであれば軟水が無難です。

 

私管理人のおすすめは、ウォーターサーバーで人気を博している株式会社ナックが提供するクリクラです。
クリクラは電気代安く解約金・レンタル料無なしでとても経済的で省エネタイプもあり、クリクラの口コミの評判も良いのが特徴。
そしてクリクラはの水はというと、衛生管理の行き届いたプランと工場で精製され、美味しさを感じやすい軟水で硬度30で作られています。
その他にもクリクラの水は様々な利用方法もあり今後も期待度No1です

クリクラ無料お試しボタン