クリクラのプラント工場

クリクラのプラント工場

クリクラ水がここまで支持されるようになったのは、水の美味しさやサービスもさることながら、安全性の高さもあるのではないでしょうか。

 

では実際にどのように、工場で安全性が保たれているのか?具体的に見ていきましょう。

 

 

衛生面について

 

クリクラ衛生面について

工場では良くその言葉の頭文字をとって表す事がありますが、クリクラのプラント工場でも同じように頭文字を取って表す言葉があります。
それは5Sと呼ばれ、整理・整頓・清掃・清潔・躾の頭文字になります。
これは文字のごとく、常にこの5Sを守る事でいつもキレイな工場になると言う事で習慣付けられています。
また、クリクラ住之江工場では厚生労働省よるHACCPシステムの認証や、クリクラ加須プラント工場では「埼玉県食品衛生自主管理優良施設確認制度」の彩の国ハサップ」の認定を受けるほどの工場となり、衛生面では当たり前のように出来ています。

 

 

製造ラインは管理された区域

 

クリクラ製造ラインは管理された区域

クリクラを製造するライン全てが、空中に舞う埃の数や菌を把握し区域別けされています。
その区域とは、汚染区域・準清潔区域・清潔区域・清浄区域の4つの区域。
クリクラを製品化する工程は全て、この区域で製造され重要工程ほどクリーンな区域で製造がおこなわれています。
こういった区域を別ける事で、品質や安全の意識の高さを保つと共にメリハリをつけたライン構成になっています。

 

 

オートメーション化

 

クリクラオートメーション化

クリクラ水が入っているボトルの洗浄や殺菌から充填、密封工程のラインは、全て機械による作業で出来上がります。
人の手が加わる事で、いくら清潔に保っていても、人は菌や誇りが付きまとう生物です。
そして、目には見えない菌や誇りが舞う原因にも繋がるので、それを防ぐ目的、更にはヒューマンエラーを防ぐ事も可能になります。

 

 

最重要工程はクリーンルーム

 

クリクラ最重要工程はクリーンルーム

クリクラ水の最重要工程である充填の作業等は、衛生上もっとも綺麗な所で行っています。
先に説明した、管理された区域の中でも最も綺麗なクラス「クリーン度クラス100」で行い、それはプラント工場の中にもう一つ部屋があるイメージです。
徹底した衛生管理を行っているクリーンルームでの製造ラインを通ったクリクラ水は、非常に高い安全性の壁を通った製品と言えるでしょう。

 

 

クリクラ水全数検査

 

クリクラ水全数検査

クリクラ水を製造する工程は、オートメーション化による人の手が加わらないように作られていますが、ただ点検や検査は人間、検査員が行っています。
空ボトルの内側や外側の汚れから、臭気の検査を1本1本行い、万が一機械のミスでも目視点検でその芽を摘みます。
最終的には人間による確認が行われ、人間がOKを出します。

 

 

 

このようにクリクラのプラント工場は衛星的で安全と品質を作り込んでくれ、安心のクリクラ水が出来る仕組みが出来上がっています。

 

私管理人のおすすめは、ウォーターサーバーで人気を博している株式会社ナックが提供するクリクラです。
クリクラは電気代安く解約金・レンタル料無なしでとても経済的で省エネタイプもあり、クリクラの口コミの評判も良いのが特徴。
そしてクリクラはの水はというと、衛生管理の行き届いたプランと工場で精製され、美味しさを感じやすい軟水で硬度30で作られています。
その他にもクリクラの水は様々な利用方法もあり今後も期待度No1です

クリクラ無料お試しボタン